Q&A(民法と契約書作成)_No.7_債権の効力

Q.
債権の効力にはどのようなものがありますか?



A.
債権の効力には、給付保持力、訴求力及び執行力があります。
(1)給付保持力
給付保持力とは、債権者が債務者から任意に債務の履行を受けた場合、その給付について受領しても不当利得にはならない効力のことをいいます。

(2)訴求力
訴求力とは、債務不履行が生じた際に、裁判所を介して債権を実体法上の権利として確認することができる効力のことをいいます。

(3)執行力
執行力とは、債務名義により強制執行できる効力のことをいいます。