Q&A(その他の条項)_No.14_権利義務の譲渡禁止条項を設けるべきではない場合

Q.
権利義務の譲渡禁止条項を設けるべきではない場合とはどのような場合ですか?



A.
権利義務の譲渡禁止条項を設けるべきではない場合としては、将来的に債権を担保として提供する予定がある場合が挙げられます。