Q&A(委任契約、請負契約及び雇用契約)_No.10_民法上雇用契約及び請負契約において雇用主及び注文主が破産手続開始の決定を受けたことがそれぞれ契約解除事由となっている理由

Q.
民法上、雇用契約及び請負契約において、雇用主及び注文主が破産手続開始の決定を受けたことがそれぞれ契約解除事由となっている理由は、何ですか?



A.
雇用契約及び請負契約において、雇用主及び注文主が破産手続開始の決定を受けたことがそれぞれ契約解除事由となっている理由は、相手の経済状態の悪化により報酬の不払いが起きることを想定しているためです。