Q&A(秘密保持契約書)_No.8_秘密保持義務違反時の救済手段

Q.
秘密保持契約書において秘密保持義務について取り決めしておいたにもかかわらず、これに違反した場合、救済手段としてどのようなものがありますか?



A.
秘密保持義務違反に対する救済手段としては、(1)損害賠償請求、(2)違約金請求、(3)差止請求、(4)仮処分が考えられます。