Q&A(その他の条項)_No.5_立証面における賠償額の予定の有用性

Q.
立証面において賠償額の予定は有用と聞きましたが、それはなぜですか?


A.
賠償額の予定をしておくと債権者の方で損害の発生及び損害額の立証が不要となり、簡易迅速に損害賠償請求できることによります。