Q&A(民法と契約書作成)_No.2_契約と単なる約束との違い

Q.
契約と単なる約束との違いは、何ですか?



A.
契約と単なる約束との違いは、法的拘束力があるか否かの違いといえます。法的拘束力を与えるべきものについては、契約であり、法的拘束力を与える必要がないものについては単なる約束となります。したがって、契約違反については、損害賠償請求等の法的手段を取ることが可能ですが、単なる約束については、そのような手段を取るはできません。