Q&A(その他の条項)_No.44_瑕疵担保責任の全部免除と消費者契約法

Q.
瑕疵担保責任を全部免除すると消費者契約法に抵触する可能性があると聞きましたが本当ですか?



A.
目的物に隠れた瑕疵があるときに、瑕疵により消費者に生じた損害を賠償する事業者の責任の全部を免除する条項は無効とされます。ただし、事業者が瑕疵のない物をもってこれに代える責任又はその瑕疵を修補する責任を負うこととしている場合には、有効とされます。