Q&A-No.24_契約書における「等」の使い方

Q.
契約書において「等」が使われることがありますが、どのような場合に使われるものなのですか?


A.
契約書において「等」が使われる場合は、主に次の場合です。
(1)定義をする場合
ex.・・・・・報酬及び費用(以下、「報酬等」という。)

(2)具体的な内容を明記する場合
ex.乙は、甲に対し、建物を明け渡すに際して、移転料、立退料等・・・・・