Q&A(定型約款)_No.5_定型約款におけるみなし合意からの除外

Q.
定型約款におけるみなし合意から除外される場合について教えて下さい。



A.
定型約款におけるみなし合意から除外される場合としては、下記の場合が挙げられます。

「相手方の権利を制限し、又は相手方の義務を加重する条項であって、その定型取引の態様及びその実情並びに取引上の社会通念に照らして民法第1条第2項に規定する基本原則に反して相手方の利益を一方的に害すると認められるとき。」