Q&A(秘密保持契約書)_No.9_秘密保持契約書の活用場面

Q.
秘密保持契約書が活用される場面としてどのようなものが挙げられますか?


A.
秘密保持契約書が活用される場面として、下記のものが挙げられます。
(1)合併契約等の本契約を締結する前に行われる契約交渉時
⇒ これは、本契約が締結される前にもかかわらず重要な情報を開示することになるため、秘密保持契約書が締結されます。

(2)取引基本契約、共同開発契約等の本契約を締結する時
⇒ これは、本契約の履行過程において、ノウハウ、技術情報等が流出しないようにするため、秘密保持契約書が締結されます。